アニメ化!!家庭教師ヒットマン『リボーン』
家庭教師ヒットマン『リボーン』を画像とグッズで紹介!!
建築大好き塾

リボーンの森

リボーンの森

リボーンの森

人気ランキング : 154815位
定価 : ¥ 1,260
販売元 : メディアパル
発売日 : 2006-08
価格 : ¥ 1,260
納期 : 通常2〜3日以内に発送
人生が少し変わるかも知れない

こういう本は将来設計の参考になるのであるほうがいいと思った。
祖父や祖父の弟が大工だったのもあり、大学は建築を専攻しようと思った

青春物語&建築について考える

親友への愛、地元への愛、建築への愛、そして自分の大好きな事や夢を将来へ生かす方法・・・。

読んでいてハッとさせられました。
今の自分は、自分を支えてくれている人たちやモノを大切にしているか。自分のしたいことや夢を忘れてはいないか。
改めて自分の将来や愛すべきモノたちについて、深く考えるきっかけとなりました。


また、建築や開発は自然を壊すものであってはならない、人間と自然の関係をうまく利用し、その関係を良好に保っていくものでなくてはいけないんだ・・・と知りました。
古来から建築はそうであったのに、近年ではその法則が無視されているのは悲しいことです。

ぜひ、このお話の中に出てくる建築関係の人たちのような方々が増えるといいと感じました。

ノスタルジック

子どもと大人。
自然と人間。
夢と現実。

幼い頃夢見た計画を、4人が子どもから大人へ成長する中でそれぞれ技術を身に付け現実のものへとしていく。

幼い頃、学齢期、大人になってからと視点は異なるが、幼い頃の夢を全員が忘れていない。
私にもそんな夢があったかな?ふと、思い出してみたくなる、そんな作品。

後半のスピード感にグイグイ引き込まれ、読み終わるとスッと爽やかな気持ちにさせてくれる。

子どもは将来への期待を、大人は昔を懐かしく思いながら読めるのではないでしょうか?

建物の話がいろいろ出てくるお話です。

 表紙の球場(甲子園球場?)の絵や、最初の甲子園球場での阪神の野球の場面から野球少年の物語かと思いましたが、表紙にあるように4人(女の子1人をふくむ)の冒険小説でした。
 法隆寺やら薬師寺やらスペインのサグラダ・ファミリア教会(200年もたってまだ完成してないらしい)などの建物の話がいろんなところに出てきて、それはそれで面白かったです。

自分の中の「原点回帰」ができた本でした

海と山で囲まれた、「ぼくの夏休み」に出てきそうな田舎で育ち、その後は東京、大阪といった大都会で生活しましたが、
少年時代に過ごした頃の記憶が、この本を読むとよみがえってくるような気がしました。

世の中に仕事は数あれど、「ものをつくる」という仕事のすばらしさを再認識し、同時に、自分がやってきた管理的な仕事も、
もっと創造的なものにできるんじゃないかという可能性も感じた作品です。

仕事は生活の糧を得るだけのものではなく、ましてや苦行でもなく、楽しいものなんだという著者の考えも伝わってくるようです。

建築を目指す人以外にも、夢をカタチにしたいと思って頑張っている人みんなに読んでもらいたい本です。

『家庭教師リボーン』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 家庭教師リボーン All rights reserved.